DSC_0019

U SEKETSU

所属

海外営業チーム

入社2017年4月入社

現在のお仕事

一言でいえば、輸出と輸入両方携わる「二刀流」ですね。

ピンとこない方が多くいらっしゃると思いますが、

ほとんどの会社はどちらかしか任せないことが多いらしいです。

私の場合は、中国の仕入先から、医療用グローブを輸入し、

それに伴う納期調整、値段交渉と品質監査の同行を行っています。

輸出に関しては、中国の販売先に自社製品を販売しています。

それに伴う売上管理、客先訪問と新規開拓を行っています。

近畿地方の輸出商社も担当しています。

営業職として働いていますが、意外とデスクワークも多いです。

仕事のやりがいは

業界のパイオニアとして新しい価値を作り上げること。

ニッチな業界ですが、現在携わっている案件の中に、

業界ではまだない製品を企画し、

上市を目指して携わっている案件があります。

会社の技術職と熟練のベテランたちを含め、

顧客も巻き込みながら、取り組んでおり、

自分の考えがしっかり製品に反映しています。

まだ結果が出ていませんが、

この案件で「業界の流行を変えるかもしれない」ことが、

今の私にとって一番のやりがいです。

入社後のギャップ

就職活動で初めて会社に来た時、

「大阪の下町に本社を置いている会社だなぁ」

とのイメージが強かったのですが、

いざ今の部署に配属したら、取引先の国が、

中国やアメリカメジャーな国はもちろん、

北欧のアイスランドや、南米のパラグアイ、

ホンジュラスみたいな国もあります。

全部でみますと、5大州の内4つをカバーしています。

さらに、中国とマレーシアに製造、販売拠点を持って、

外見と違い、グローバル的な活動を行っていると

ギャップを感じました。

会社のアピールをするなら!

アットホーム!

RPGのゲームに例えるなら、共和は最初の村みたいですね。

外出や、出張などを終え、会社に戻る時、特にそんな感じします。

村人のようにずっと同じことを繰り返している人はいませんが(笑)。

また、廊下で役員とすれ違う時も、堅苦しい挨拶ではなく、

親戚のおっちゃんと立ち話をするみたいな感じで

喋っています。もちろん敬語で。

他にも、会社の近くによく立ち寄っている飲み屋があって、

誰かが誕生日になったら、そこでバースデーパーティーが開催され、

みんなでお祝いをすることもありますよ。

行ってみたい国

アイスランドです。

友達が行ったことがあり、

シーズンではないのに夜はオーロラ見放題らしい!

それに何より、黒い土の上に白い雪、青っぽいでかい氷、

この非現実的な光景をみたいですね。

社員の一日

8:30

出社

09:00~10:30

始業、メールの返信、処理

10:35~12:15

海外関連会社、仕入先と電話会議で情報交換

12:15~13:00

社員食堂で昼食昼飯、席で昼寝

13:00~13:30

客先訪問前準備

13:30~16:00

大阪市内販売先に訪問し、打ち合わせと情報交換を行う

16:00~17:30

帰社後、伝票処理、管理表更新などのデスクワーク

17:30~

(残業後)退社、立ち飲みへ

後輩へのメッセージ

社会人の世界へようこそ!

社会人とは何か、おそらく1人1人違う答えを持っていると思います。

ただ、今までの生活と大きく変わることに間違ないと思います。

良い方向に変わるのにどうしたらよいかと言うと、

失敗を恐れずにやり続けることだと私は思っています。

失敗が怖いからやらない ⇒ 永遠に成長しない

やってみたら失敗してしまい、そこでやめた ⇒ 失敗のままで止まる

失敗した経験を活かし再チャレンジ ⇒ 成長と成功へ進んでいく

当たり前のことだと思っているかもしれませんが、

挫けたら思い出してみてください。

新卒の方のエントリーはこちらよりお願い致します